医院からのお知らせ|わたなべ歯科医院|練馬区大泉学園の歯医者。土曜日も診療

  • メール相談
  • WEB予約

09:30~12:30 / 14:00~18:30 (土曜は17:00)
休診日:木・日・祝

03-5947-7464

〒178-0065 東京都練馬区西大泉6-1-17

キービジュアル

「マウスピース矯正」の種類は何があるの?インビザライン?アソアライナー?

2020年02月22日

マウスピース矯正は、無色透明のマウスピースを使用して歯を徐々に移動させる治療法です。マウスピースは、ラグビーやボクシングなど、身体を接触するスポーツで使うものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、歯の矯正治療にも使われます。

 

マウスピース矯正で使用する装置はいくつか種類がありますが、ここでは「インビザライン」と「アソアライナー(旧名:クリアアライナー)」の2つをご紹介します。

 

1-1 インビザライン

 

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が開発・製造している矯正装置のことです。事前にコンピューターで歯の動きをシュミレーションし、治療開始時にすべてのマウスピースを作成して1~2週間ごとに取り換えるので、衛生的に使える点がメリットです。

 

インビザラインが適応できる症例は今まである程度限られていたのですが、昨今では世界中から臨床データが集まってきており、今までインビザラインでの治療が難しかった歯のかみ合わせや歯のねじれの治療にも利用できるようになっています。

 

1-2 アソアライナー(旧名:クリアアライナー)

 

アソアライナーとは、日本国内の矯正専門の技工所が開発・製造している矯正装置のことです。装置を取り換えるたびに歯型を取って新しいマウスピースを作成するため、正確に歯を動かすことができます。インビザラインに比べてプレートが薄いので、目立ちにくい点もメリットです。

 

1-3 マウスピース矯正のメリット・デメリット

 

インビザライン・アソアライナーを含むマウスピース矯正のメリットとデメリットは以下のとおりです。

 

<メリット>
 装置が無色透明なので目立ちにくい
 違和感が少ない
 自由に着脱ができる
 食事や歯磨きのときに装置を外せる
 お手入れがしやすい
 医療用プラスチックを使用しているため金属アレルギーの心配がない

 

<デメリット>
 1日17~20時間以上と、長時間装着することが必要。
 決められた時間装着しなければ、歯が動かず治療期間が長くなる
 歯と歯が重なっている、顎の位置が上下でずれのある場合は適応できない

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

〒178-0065 東京都練馬区西大泉6-1-17

03-5947-7464

診療時間
09:30 ~ 12:30//
14:00 ~ 18:30//
  • *土曜午後の診療時間:14:00 ~ 17:00
  • *休診日:木曜・日曜 / 祝日
  • *祝日がある週の木曜は、通常診療

お電話でのお問い合わせ

わたなべ歯科医院

09:30~12:30 / 14:00~18:30 (土曜は17:00)
休診日:木・日・祝(祝日のある週の木曜は診療)

東京都練馬区西大泉の歯医者「わたなべ歯科医院」。 患者さんの健康を考えた歯科治療を実施。精密機器(CT、レーザー)を活用し、事前の診査診断を徹底しています。 また感染対策として、各種滅菌体制(エピオス、オゾン水)なども利用。 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)、入れ歯(義歯、ノンクラスプ、マグネット、オーバーデンチャー、コーヌスクローネ、リーゲルテレスコープ)の他、インプラント、前歯の審美セラミック治療、マイクロエンド(根管治療)、顎関節症、親知らずの抜歯、ポリリン酸ホワイトニング、成人・小児矯正(マウスピース)なども実施。可能な限り痛みを抑え・削る量を最小限にし・神経を守る歯科治療を基本としています。 歯医者が怖い方(歯科恐怖症)には笑気ガスも利用。 しっかり相談してから治療を開始したい方、一度、当院にご相談ください。 練馬区、新座市、保谷、大泉学園周辺の他、神奈川、千葉、埼玉からも口コミや紹介で多くの方が来院されています。

このページの先頭に戻る